2015年10月09日

「伴が自身の意志で選んでいる孤独な旅路」

スクリーンショット 2015-10-09 11.46.jpg

時々
センチメンタリズムの海に溺れてしまいそうになる弱い私です

“伴誕会”
当日のリハーサル中
最後の全員でのセッションTime
晃さんの発案により
Route66の間奏
ギターソロの後の12小節で
ドラムソロをやる事になり(ちなみに我々の間にはそんな発想はナイ!)
「えー!?」という困ったような例の表情を浮かべていたのに
本番では思わず振り向く程「Yeah!」なプレイをしやがるから
感動して見惚れていたら突然

ああいうのを
走馬灯のように
というのでしょうかね

いつも練習してた汚ねぇ部室や
ACBやロフトやビブレやスエヒロ5や野武士や港の見える丘公園や
二子橋の鉄橋の下や石田さんの部屋や山名さんのレコード部屋や
観音崎スタジオや伴の母上の優しげなお顔や消えちまった仲間達や、、、
なんだかもう次から次へと浮かんできてヤバい鼻の奥がツーン

もうー

本当に困ります
いかがなものか
大脳新皮質のバカ

普段
昔を懐かしんだりとか特にないし
どちらかといえば
「そんなことあったっけー!?」と(自分に都合の悪い事は特に!)
記憶は遠くに霞むばかりなのに

まぁ水曜は溺れなかったからよかったけど
ライブ中はセンチメンタリズム過剰注意報発令ですよ
Bruce Springsteen/Bobby Jean & No Surrender的フィーリング
奴ら突然やってくるから油断ならねぇ

『そういうのって、、、歳だね!』

うるせーよ!
きいてねーよ!

IMG_4252.jpg

10/7@下北沢440
駆けつけて下さった皆さん
気にかけていて下さった皆さん
「“伴誕会”が何かは知らなかったけれど
智洋さんが出るからノーウェアLoveだから来たのです」な皆さん
440スタッフの皆さん及び関係各位
そしてなんといっても
毎年このイベント開催を取り仕切って下さっている石毛さんに
https://twitter.com/officestone
慶充に代わり厚く御礼申し上げます
今年もありがとうございました
『伴の叔父気取りが本当にウザイ』

新生NOWHERE
曲名聞き取れなかったけど
James Brown/Cold Sweatをテンポアップしたようなビートで始まり
ジャックブルース(!)な
音色音圧のgood looking guy朱雀のベースリフが乗っかり
塚本(らしからぬ?)サイケデリックなギターが重なり
「おぉこれにどんなメロディを乗せるのか?オレならどうするだろ?
うぅ浮かばないー」と思っていたら
強烈なポエトリーディングをかましてきたアレに
あの曲に
新生をビンビン感じたね

智君と一緒に会場入りして「一番乗りじゃん」とか言ってたら
440とコンビニの間あたりに紫煙をくゆらす噂のギタリスト山田貴己の姿あり
「観に行っていいですか?」の低姿勢な態度から一変
「一緒にやらせてもらえませんか!?」への転換わずか12時間は只者でない証

先日のQUEでのアプローチとは違い
ベースレスな編成を逆手に取るかのような
近藤set“夕闇と少年”での信夫のプレイを聞いたか!?

自分は何もしていないのに
そう全く何もしていないクセに
ただ信夫の奏でる音に聞き惚れていただけなのに
誰に向かってかもわからず
心の中で「どうだコノヤロー!」と叫んだねオレは

あの曲
♪諦めるにはまだ早すぎるぜ
のところが
グッとくる
いつも

参加させてもらった“独白のブルーズ”
燃えるよこの曲!
あと5分くらい続けたかったけど、、、
オレも大人なんで
そこはわきまえてね

近藤智洋『GO!』買うべしですよ
http://kondotomohiro.com/

スクリーンショット 2015-10-09 12.10.jpg

えっ!?
黒水 伸一TRIO!?
サイコーに決まってんじゃん!
オレ以外のメンバーが最高なのでね
オレは二人に乗せてもらってグワーンと飛んで行くだけっす
時々飛び過ぎて戻って来れなくなるっす
人前では威張ってますけど楽屋では二人の肩揉んだりしてるっす


伴は今も見果てぬ夢を追っている
それは成功とか失敗とか
カッコイイとか悪いとか
理解されるとかされないとか
そんなんじゃなくて
誰かにジャッジしてもらうようなことじゃなくて
自分はこうありたい
こんなプレイがしたい
という明確なイメージ

それがクッキリあるから
あり過ぎるくらいあるから
理想と現実の間でいつも格闘

それは
伴が自身の意志で選んでいる孤独な旅路

そして
そういうのって
もしかしたら
誰もがそうなのかもしれないね

いずれにせよ
また来年も
皆で集まれるよう
生き延びようぜ

スクリーンショット 2015-10-09 12.21.jpg

次回は
来週日曜18日18時開演
正彦さんと一緒に半年振りharness
それぞれのソロを弾き語りで
たっぷり観て聞いてもらおうと
もちろん二人でのセッションタイムもあるし!

前回がとても良い時間になったので
今回もきっと!もっと!な気持ち

弾き語り未見の方も
怖いもの見たさで
勇気を出して
いらっしゃいな

いや
怖いものじゃないし
勇気もいらないから

気軽においでー!
───────────────────────────────
■黒水伸一&信夫正彦 ソロライブ

10月18日(日)@阿佐ヶ谷 harness(03-6454-6277)
http://livebarharness.web.fc2.com/
東京都杉並区阿佐谷南2-18-9 ゴールドビル阿佐ヶ谷B1

"Two Of Us Vol.2"

17:30開場 18:00開演
料金:2,000円(+ドリンク代)
共演:信夫正彦
http://www.shinobumasahiko.com/

★チケットの御予約・お問い合わせはこちら
http://form1.fc2.com/form/?id=944978
───────────────────────────────
■黒水伸一TRIO ライブ

10月25日(日)@吉祥寺 ROCK JOINT GB
http://www.rock-gb.com/
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-14 B1
TEL 0422-23-3091

"ベースレスで10周年!! 3! 2! 1!ブリスコ ロックンロールツアー"

18:30開場 19:00開演
前売:2,500円 当日:3,000円(共に+ドリンク代600円)
共演:博多ザ・ブリスコ http://rock.hakatathebrhyssco.com/
CRANKS http://www.cranks.jp/

★チケットの御予約・お問い合わせはこちら
http://form1.fc2.com/form/?id=944978
───────────────────────────────




posted by 黒水伸一 at 12:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 「歳をとる それは異なもの味なもの」

あれ?やっぱ季語がないや。
今回はこの一句で潔く決めようよ、と思ったけど、やっぱしゃべりたくなっちゃった。

あんまりにも秋めいてきたので。

みなさん、はらはら舞い落ちる桜もみじをごらんあれ!!
梨も葡萄も美しいね〜〜〜。もちろんいただきましょう。

伴さん、お祝いに行きたかった!!
でも、行ったその日がお祝いですから、待ってて下さいね〜。

ああ、そんなわけでライブ欠乏症にかかりつつあります。
なのに10月は難しそう。

だったら11月があるじゃないか!!そうだそうだ!!

12月だってあるじゃないか!!そうだそうだ!!

それって有難いことだね!!(でたアラフィフの極み!でもほんとにそれがうれしいのよね〜)

近藤さんも塚本さんもやってるね。いいねいいね!

あと、新曲の「鳥は空を飛ぶ」、早く聴いてみたい。
あとブギーが聴きたい。そいとロッキンなやつも聴きたい。バラッドも。

結局全部じゃん。
そう、全部。いけないかい??(開きなおる)

みなさんまた必ずほんわか飲みましょう〜(え?飲み目的? いえ決して)




 
Posted by たんこ at 2015年10月13日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: